署名は朱肉印鑑?手書きサイン?

  • RSS

個人・法人共に、正式書類のサインで印鑑を利用するのは、日本だけだと言われてるようです。
確かに、テレビなんかでよく見かけるアメリカの大統領なんかは国際的立場で、万年筆で手書きのサインという姿を見かけます。
これは文化の違いと言えばそれまでなのでしょうが、印鑑のサインの良さ、手書きのサインのよさ、双方のメリット、デメリットの違いを比べてみました。

なんと言っても手書きのサインの最大のメリットは、ペンが1つでいつでもどこでも署名が可能と言うことです。
素早く記載ができるので、サインに時間が掛からない。
また、字体離れした今、書くことの良さを再認識できることもメリットの1つかもしれません。
デメリットとしては手書きなので、それぞれの書類で字体の統一感がないことです。
機械ではないので、書くことでは確かに多少の違いはつき物です。

その点、印鑑はほとんどは手書きの氏名と合わせて、いつも同じ色の朱肉色で、捺印するだけで同じサインをすることができます。
ただし、朱肉や印鑑、印鑑下敷きなどサインの際に利用する物の数の多さには、サインまでの時間も掛かりってしまします。
しかしオーダーハンコなんかは、どの書類にも一定のサインがとても個性を出して押すことができたり、書類偽造を予防できるメリットもあります。

このように、いわゆる手書きサインという海外文化と日本文化である印鑑サインの両方を利用できる日本では、印鑑という存在が日本の最大の武器と呼んでも過言では無いと思います。
最後になりますが、例えば、回覧板や郵便物の受け取りは最近印鑑でなくても、手書きでよかったりもします。
ですが、このようなちょっとしたサインのでも機会があるたび、できるだけ日本の文化である印鑑でのサインを使っていきたいと私は思います。
外国のようなペンでのサインと朱肉印鑑、どちらかのサインを選択できるような場合、貴方はどちらの署名方法を利用したいと思いますか。



~ 厳選おすすめサイト ~

<即日出荷サービスあり>名刺作成

選べるテンプレートの数は500種類以上!
デザインを選んでから簡単にできるレイアウト編集!
シンプルなモノクロデザインから、創作書家による名刺まで、簡単・お手軽にご注文いただけます。
名刺やショップカードの作成ならSPEED名刺館!

このページの先頭へ