印鑑は重要サイン

  • RSS

ここで今一度、改めたお話しになるかもしれませんが、印鑑の種類と用途を簡単にまとめてみました。
まず、個人で使用する印鑑としては、実印、銀行印、認印、訂正印があります。
このあたりの印鑑は、みなさんが何らかの形で耳にしたり、利用をしたことがあるものかもしれません。

次に、主に会社などで使用する印鑑としては、役職印、割印、捨印、そして、法人印鑑として忘れてはいけない、 角印(かくいん)こちらは、法人用として利用されることが多く、一般的な丸の形をした印鑑ではなく、四角い形の印鑑になります。
社名をたて読み、または、横読みのどちらかに彫刻されているもので、印鑑のサイズは、24ミリや21ミリのものが一般的な大きさになってます。
この角印は、一般的に利用している、名字の入った丸い印鑑とサイズや大きさが違うからでしょうか、ちょっと偉そうな印鑑だなと感じるのは、私だけでしょうか?
その他、国家資格など士業の方が主に使われる職印、(しょくいん)こちらは、職名と姓名が印鑑に一緒に記されているものが一般的です。

さらには、書物に使われる蔵書印や、作品に使われる姓名印・雅号印・引首印という種類を持つ、 落款印(らっかんいん)という印鑑や、封緘印(ふうかんいん)、遊印(ゆういん)など、印鑑は、用途によって、様々な種類があります。

今回、取り上げたもの以外にも、印鑑には、まだまだたくさんの種類があると思います。
冒頭にあげた、個人で使用する印鑑については、既にお持ちの方も多くいらっしゃると思いますし、法人印や士業用の印鑑については、個人で持つということは難しいですが、最後にあげました、落款印や遊印については、好きな大きさ、文字を使って、ある程度、自由に誰でも作ることが出来ますので、印鑑が重要サインとして扱われる日本人として、是非、個性の出るオリジンルの印鑑を作ってみるもの、素敵ではないでしょうか。



~ 便利サイト情報 ~

<スピード納品可能>低価格で高品質な表札

80種類以上の多彩なデザインからサイズを選べるハンコヤドットコム表札館

暮らしをデザインする丸三タカギのオリジナル表札が低価格に選べます。
住まいの雰囲気に合わせた表札をお探しの方にはオススメのサイトです。

このページの先頭へ